診療案内

眼瞼下垂(まぶたたれ)

まぶたのたれ

先天的な原因やハードコンタクトレンズの長期使用、加齢などによって上まぶたを開く機能に障害が生じて目が開きづらくなる病気です。

まぶたがかぶさり視界が制限され、無意識に額の筋肉を使って眉毛をつり上げて物を見ようとしてしまうため、額のしわが増え、頭痛や肩こりを併発する場合があります。

施術方法

皮膚の一部を切開し、ゆるんだ眼瞼挙筋(瞼をあげる筋肉)を短縮します。その後、余った皮膚を切り取ります。(健康保険が適用されます)
また、軽度の下垂の場合には糸で皮膚をつり上げるだけで症状が改善する場合もあります。

私の経験上、眼瞼下垂症でお悩みの方の約8割が手術後に肩こりの症状が改善しています。つらい肩こりがあり、まぶたのかぶりも気になる方は一度診察を受けてください。

健康保険の適用について

健康保険が適用されます。

北吉院長のコメント

頑固な肩こりが治る場合も多くみられます。
一度相談においでください。

北吉院長

診療のご予約・お問い合わせ 診療のご予約・お問い合わせ



 
きたよし皮膚科形成外科 プライバシーポリシー サイトマップ