診療案内

水虫・爪水虫(白癬・爪白癬)

水虫・爪水虫(白癬・爪白癬)

水虫は主に足に起こる病気で、真菌(カビ)の一種の皮膚糸状菌が皮膚に寄生して発症します。
顕微鏡で確認するとすぐに水虫かどうかの診断ができますので、指の間のふやけや、土踏まずの皮膚がかさかさして剥がれたり、かかとの角質が厚くなるなどの症状がある場合一度診察を受けてください。

また、爪の水虫(爪白癬)は、不衛生に伸ばした足の爪に汗や垢などの汚れが溜まり、白癬菌の温床となっているところへ、長時間通気性の悪いブーツを履いたり、雨でぬれたりすることで発症します。最初は爪ではなく、爪と隣接する指先の皮膚が水虫となるケースが多く、そこから爪の間へと感染することで、ゆっくりと進行していきます。

初期症状は、爪の先の色が白っぽくなるだけで、あまり自覚症状はありませんが、次第に指の根元側に侵食していき、最終的には爪全体の色が、白色・黄色・黒色に 変色してしまいます。爪水虫となった爪は、盛り上がったように生え、ボロボロと崩れ、それにより、白癬菌をばら撒き、新たな水虫の原因となります。
そのまま放置してしまうと、雑菌の感染を招き、足全体が腫れ上がってしまうこともありますのでなるべく早い治療が必要です。

施術方法

初期段階であれば、治療を受けることで比較的簡単に完治します。早目に医師の診断を受けてください。

一般的に爪水虫は、医師の処方した内服薬を使わずに完治することは困難です。ごく初期のものであれば、進行した爪を切り、皮膚に外用薬を塗ることで、治る場合もあります。

健康保険の適用について

健康保険が適用されます。

北吉院長のコメント

最近は非常に効果が高い薬が開発されています。諦めないで一度ご来院ください。

北吉院長

診療のご予約・お問い合わせ 診療のご予約・お問い合わせ



 
きたよし皮膚科形成外科 プライバシーポリシー サイトマップ